ハインリッヒの法則とは?

ハインリッヒの法則

ハインリッヒの法則は、1930年代にアメリカの工業安全の研究者ハーバート・ハインリッヒによって提唱された、事故の発生に関する法則やモデルの一つです。この法則は、重大な事故や負傷に至る前の軽微な事故や接近事故の頻度がある一定の比率で発生するというものです。

具体的には、ハインリッヒの法則は以下のように説明されます:

  1. 重大な傷害事故1件の背後には、同じ原因による軽傷事故が29件、無傷の接近事故が300件存在する。
  2. 事故の大半は人的要因に起因する。ハインリッヒは、事故の88%は人的要因、10%は機械的要因、2%はその他の要因によるものだとした。
  3. 重大な事故を防ぐためには、軽微な事故や接近事故を予防することが鍵となる。

この法則を視覚化したものがハインリッヒのピラミッドで、その底辺には多数の無傷の接近事故が、頂点には少数の重大事故が表現されています。

この法則は医療の世界でも、ヒヤリハット、インシデントなどの事象で参考にされています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次